NPO法人天草元気工房

ロード・クリーン・ボランティア

 
 県が管理する道路において、個人又は団体が行う清掃、除草、植栽等の美化活動を支援することにより、道路の美化活動の普及と県民の道路美化に対する意識の高揚を図ることを目的とした事業です。(県文書より抜粋)

天草元気工房の活動

↓ ロードクリーンボランティア活動の様子 ブログを別ウィンドウで開く

 NPO天草元気工房では、熊本県と協定(平成16年8月27日付)を結び、不定期ですが、道路の清掃美化活動を行なっています。

協定書記載の活動内容

・路線名 国道266号線

・活動区間は、上天草市龍ヶ岳町大道〜姫戸町牟田までの約20km

・活動回数 6回(予定)

・活動内容 国道266号線の空缶、ごみ清掃及び除草

※天候等の都合で、毎年6回の実施はできないときがあります。また、活動内容としては現在は道路沿いのゴミ拾い清掃活動を行なっています。

平成17年10月24日 国道266号 龍ヶ岳〜倉岳間 望薩峠付近で実施

 自転車のチューブなど、ゴミが大量に、缶ビンもたくさん捨ててあり、マナーの悪さが目立っていました。

平成18年6月26日 姫戸二弁当峠付近にて実施

 自動車で行き来する営業マンでしょうか。駐車ポイントには、タバコ吸殻や、ドリンク剤のビン放置などが目立ち、昼食時に残していったような弁当ガラなどのポイ捨ても目立っていました。

平成18年12月29日 龍ヶ岳町大道 松ヶ鼻付近にて実施

 旧式のカラオケセットや車のタイヤまで捨ててありあました。車のドアをあけてそのまま地面に並べて放置したような空き缶や、タバコの吸殻が目立っていました。

平成20年1月27日 旧姫戸・龍ヶ岳町境近くの下貫地区

平成20年9月20日

ロード・クリーン・ボランティアの問題点

ゴミ拾い活動で集めたゴミの処理費は熊本県から支給されない。(平成19年11月29日調べ)

各種団体にとってロード・クリーン・ボランティア登録する利点

まとめ

保険加入や支給品はありがたいですが、ゴミ処理費用が各自負担です。ゴミの種類と量によっては処理の方法や処理費が課題となります。