ミューイ天文台&山頂キャンプ場

上天草市 龍ヶ岳山頂自然公園

 ミューイ天文台・龍ヶ岳山頂キャンプ場

   熊本県上天草市龍ヶ岳町大道3360−47

          〒866−0201  TEL 0969-63-0466

   指定管理者  NPO法人 天草元気工房

山頂への道案内

龍ケ岳山頂へは国道266号より4本の車道ルートがあります。

それぞれの道路は途中で合流してその後に、山頂へ上る登山道路へと続きます。

各々の道路ごとに異なった特長があるので、ご利用する車や状況に合わせてルートを選択するのが良いでしょう。

 

登山者が利用する登山道は国道から一気に頂上に向かうコースと、車道の途中から頂上に向かう2本のコースがあります。

車利用

1.二間戸(ふたまど)ルート

姫戸町二間戸から龍ケ岳山頂に向かうルートです。

松島方面からは最短ルートになります。

途中住宅街を通行しますので歩行者や見通しの悪い場所では対向車に十分注意して下さい。

また狭い箇所では譲り合って通りましょう。

龍ヶ岳山頂

二間戸登り口

国道266号線を松島(天草五橋)方面から東海岸沿いを走り、姫戸町に入ります。

3本のトンネルを通過後港のそばにある二間戸郵便局の前を過ぎてゆるい右カーブを曲がり、正面右側に看板の出ているフタマド自動車の手前を右折して、すぐの三叉路を左折します。

その三叉路を左折後50メートル程進むと左側にカーブミラーのある交差点に差し掛かるので、ガードレールの手前より右折します。

道幅が狭いので歩行者や対向車に十分注意して下さい。

 

右折後小さな川に沿って道なりに住宅街を進みます。

右側にはガードレールが設置されていますが、左側は民家が並んでいます。

この道に沿ってしばらくすすみます。

やがて正面角に、白い大きなゴミ集積用のゴミ箱が見えるのでその前を左折します。

 

左折してから50メートル程進んだところに畑の中の十字路があります。

この場所は左折後すぐに目に入ります。

この交差点を右折してください。

間違えて直進すると山道に入って行き止まりとなるので大変です。

くれぐれも間違えないように。

 

畑の中の細い道路を道なりに進み、緩い上りの町外れで『山下衛生社』の建物が道路左側にあれば正しい道筋です。

そこを過ぎるとやがて山道に差し掛かります。

昼間なら道路左側に小さなダムがあるのが分かります。

 

山道をしばらく登り続けると山の中腹で左上から下ってくる道路との合流します。

正面に案内標識がありますが、左上から下って来る車があっても確認しにくいので、気をつけましょう。

 

その合流点を案内標識に従って右折しそのままカーブの連続する急な坂道を上り続けて峠を越え、やや広くなった道路を500メートル程下ると龍ヶ岳山頂登山道路の入口の交差点にたどり着きます。

 

登山道路入口から急カーブが連続する坂道を2Kmほど上り詰めると、山頂自然公園の駐車場に到着です。

 

2.下貫(したぬき)ルート

龍ヶ岳町下貫から龍ケ岳山頂に向かうルートです。

国道から川に沿って山中に進み途中で一旦下り道に差し掛かりますので、間違えたと勘違いしないようにあらかじめ留意しておいてください。

龍ヶ岳山頂

下貫登り口

国道266号線を松島方面から進み姫戸町を通過して、ヤマハ天草工場を迂回して岬を回りそのまま海岸通りを走ります。

海岸通りから道路沿いにある案内標識を確認し、集落に入ってすぐ右側の魚の絵のモニュメントの手前(ガードレールの手前側)から右折します。

 

川に沿って続く段差の連続する道路を道なりに進むと、やがて山道に差し掛かりますのでそのまま進みます。

 

しばらく山道を上り進むと辺りが開けた場所に出てY字交差点に差し掛かりますが、ここは道なりの右側に進みます。

この場所はよく道を間違う場所なので、十分に注意してください。

特に夜間に間違えると現在地が全くわからなくなります。

 

しばらく走り続けるとやがて道路は下り坂となりますが、この道で間違いありませんのでご安心を。

やがて下りきったところで右下から上ってくる二間戸ルートと合流します。
その後は二間戸ルートと共通です。

 

案内標識に従って直進しそのまま上り続けて峠を越え、やや広くなった道路を500メートル程下ると龍ヶ岳山頂登山道路の入口の交差点にたどり着きます。

登山道路入口から急カーブが連続する坂道を2Kmほど上り詰めると、山頂自然公園の駐車場に到着です。

3.大道(おおどう)ルート

フェリー発着港のある龍ヶ岳町大道から龍ケ岳山頂に向かうコースです。

このルートは中型バスまでの通行実績があります。

小型バスやマイクロバスは特に問題なく通行できます。

龍ヶ岳山頂

大道上り口

龍ヶ岳町大道港フェリー乗り場から(海を左に見て)西側に向かうとすぐに道路案内標識があり、そこを山側に右折します。

 

大道トンネルを通過して逆方向から来た場合は、道路の案内標識に従って左折となります。

国道から入って左カーブを曲がると前方に案内標識とシートベルト着用の青い看板があり、その手前の道を右折します。

 

この場所には目立たないものの右折側に結構な段差があるので、衝撃が大きくなります。
スピードを出しすぎないよう注意して進行しましょう。

上り詰めて傾斜が緩くなった場所に右に向かう道路がありますが、ここは直進のままで間違いありません。

登山遊歩道の案内が正面にありますが、それを右折標識と勘違いして右折してしまった例もあるので、決して間違えないように。

 

そのまま直進すると民家が点在しており、その後一旦下りになりますが、そのままで間違いはありません。

やがて左側から上ってくる大作山ルートと合流しますが、交差点は見通しが悪いので安全確認しつつ右折し、正面の棚田の中を通る道路沿いに進みます。

右側に見えるコンクリート舗装の道は民家へ続くので間違わないようにしてください。

棚田を通過して1キロ程進むと龍ケ岳山頂入口の看板がある登山道路入口の交差点に差し掛かるのでそこを右折します。

交差点は鋭角で、また前方からの道路はカーブになって見通しが悪いので対向車には十分に注意して下さい。

また、山を下って来る車にも用心が必要です。

3.大作山(おおさくやま)ルート

本渡方面から栖本町・倉岳町を経由する天草下島方面からは最短コースになります。

住民の生活道路にもなっており道路の傾斜も緩くもっとも走りやすいルートです。

一部非常に狭い場所がありますが小型バスも何とか通行可能です。

龍ヶ岳山頂

尾串上り口

本渡方面から龍ヶ岳方面に国道266号線を進むと、倉岳町を通り過ぎたところで片側1車線からセンターラインなしへと道路が狭くなってきます。

狭くなった場所から2キロほどそのまま進むと左上に道路案内標識があり、右カーブを曲がるとそこに尾串側登り口があります。

その場所をガードレールのある左側に進みます。

 

この道に入ってすぐの左カーブを曲がったところから約50m程がこのルート最大の難所なので気をつけて通行します。

対向車に注意して進み、出会ったら譲り合いましょう。

しばらく山の中を走ると民家が点在する場所に出ますが、道路正面の高台と道路右側の建物に「橋本工務店」の看板が見えます。

通過すると再度山の中に入りますが、山を抜けるとあたりに民家が点在する『大作山の棚田』の中を走る道路となり、これを道なりに進みます。

棚田や民家の脇を通過してしばらく上ると、やがて大道港より上ってくる道路と合流します。

棚田を通過して1キロ程進むと龍ケ岳山頂入口の看板がある登山道路入口の交差点に差し掛かるのでそこを右折します。

交差点は鋭角で、また前方からの道路はカーブになって見通しが悪いので対向車には十分に注意して下さい。

 

また、山を下って来る車にも用心が必要です。